韓国は美容整形大国と言われていますが、

包茎手術も非常に積極的に行われている国でもあります。

 

kankoku

 

若い男性が包茎手術を受ける割合は、

何と驚くなかれ!90%だと言われています。

 

にわかに信じがたい数字ですが、どうやら事実のようです。

 

韓国男性が包茎手術を受ける理由

 

なぜ韓国の男性は包茎をそこまで嫌うのでしょうか?

 

実は、包茎手術は男性の義務であると考えているようなのです。

 

ちなみに、韓国で行われたある調査によると、

包茎手術を受けた理由は・・・

 

1位 医学的・衛生的メリット 41%

2位 周囲の圧力から 26%

3位 性的能力の増大 16%

4位 両親の勧め 9%

5位 自然に割礼されていないから 8%

 

いかがですか、この結果は?

 

1位の「医学的・衛生的メリット」は、

垢やカスが溜まり、不衛生になるのを防ぐため。

さらに、それによって誘発される性病やガンなどの予防です。

 

興味深いのは、2位の「周囲の圧力から」

韓国ではいかに包茎が忌み嫌われているかがわかります。

 

3位の「性的能力の増大」というのも、

性的に強い男性に憧れる風潮が読み取れます。

 

韓国男性にとって包茎手術は通過儀礼

 

全体的には、日本の包茎観に似ていますが、

韓国の場合はより世間体を気にしているように見えます。

 

ちなみに、韓国の場合はアメリカと違って

赤ちゃんの時ではなく、思春期に包茎手術を受けます。

 

大半の男性は、当たり前の通過儀礼のように

医者の所へ行って、包皮を切除してもらうようです。

 

こんな話もあります。

 

ある70代の男性は包茎手術を受けましたが、

理由は寝たきりになって介護されることに備えたためでした。

 

息子が皮のかぶった汚いペニスを見て

ショックを受けないよう気を遣ったからだそうです。

 

古代ギリシャやローマでは、むけたペニスが汚らわしいと

されていたのを考えると、真逆ですね。

 

包茎手術で性的能力は高まらない!

 

ちなみに、先の調査で3位の「性的能力の増大」ですが、

これも興味深いデータがあります。

 

韓国男性は、性的欲求が高まる思春期に包茎手術を受けるため、

術前と術後の性的能力の差を知る上で有効です。

 

気になる結果ですが・・・

 

「目立った変化はなかった」が8割でした。

残る2割のうち「増大した」は4割弱、

逆に「弱くなった」が6割以上という結果になったのです。

 

このことから、包茎手術によって、

ペニスや包皮に何らかのダメージを

受けた人が多いことがわかります。

 

韓国では、最近になって包茎手術の弊害が

指摘されるようになってきましたが、

まだまだ手術を望む人が多いのが現状です。