ユダヤ教やイスラム教の間では、ペニスの包皮を切り取る割礼が

行われてきたという話はすでに紹介しましたが、

そもそもなぜ割礼が必要だったのか?

nayamim3

 

割礼の目的はマスターベーションの防止

 

理由はマスターベーションの防止でした。

 

当時、オナニーは罪悪だと考えられており、

健康にも悪影響があるとされていました。

 

確かに、管理人が子供の頃にも、

「オナニーしすぎると頭が悪くなるよ」

なんて言われてましたね(笑)

 

そこで、オナニーの快楽を与えないために、

包皮を切り取る割礼が行われたのです。

 

包皮を切除すると、ペニスの感覚が鈍る。

包皮があるから悪癖がなくならない。

 

そう信じられていたのです。

今では考えられないことですね。

 

包皮の切除は麻酔なしで行われた

 

ちなみに、包皮の切除は麻酔なしで行われた例もあったと言います。

ペニスを見るたびに痛みを思い出すことで、

オナニーをする気にならなくさせるためだと言われています。

 

何ともバカげた話ですが、昔はまじめに信じられていたのです。

 

割礼は男性だけの儀式ではありません。

アフリカの国の一部では、今も女性のクリトリスを切り取る割礼が行われていますが、

これもマスターベーションを防止するためです。

 

アメリカでは赤ちゃんの時に包皮を切除する

 

アメリカでは、今でも赤ちゃんの時に

包皮の切除手術が行われています。

 

最近は昔に比べると、件数は減ったようですが、

赤ちゃんの時に包皮を切除するという習慣は今でも残っています。

 

ただ、赤ちゃんの包茎手術は危険を伴い、

誤ってペニスを切断した例や死亡例も報告されています。

 

ということで、包茎と割礼の関係についてご紹介しましたが、

「性的快楽は罪悪」という古い考え方が根底にあることが

わかってもらえたと思います。

 

ちなみに、包茎手術をした人の中には、

手術前の方がオナニーは気持ちよかった

という人も少なくないようです。

 

とはいえ、実際の性行為となると話は別です。

早漏で相手の女性を満足させられないというのは、

男してはやっぱりよろしくないのでは?

 

包茎は治せるものなら治しましょう。

だだし、手術はNGですよ。