包茎は絶対に治してください!

包茎を治す方法@手術不要の自力矯正術

真性包茎、仮性包茎、カントン包茎に悩む方!包茎手術は危険がいっぱいです。包茎は自力で治せます!

包茎は絶対に治してください!

日本人男性6〜7割が包茎

日本人男性の包茎の割合はどれくらいかご存じですか?
実は、6〜7割だと言われています。

 

大半は仮性包茎ですが、
この数字を聞いて驚いた人も多いのでは?

 

最近は銭湯などの公衆浴場を利用する人が減っており、
他の男性のペニスを見る機会が減っているとはいえ、
6割以上というのは多すぎるような気がしませんか?

 

ちなみに、管理人は今人気のスーパー銭湯に行く機会が多いですが、
包茎の男性を見ることはほとんどありません。

 

その理由はおそらく包茎の男性は銭湯に行きたがらないから。
他人に見られたくないためだと考えられます。

 

では、包茎は治すべきなのか?
それともそのままにしておいていいのか?

 

包茎は絶対に治すべき

結論を言います。

包茎は絶対に治すべきです。

 

理由をあげましょう。

 

  • 性病や感染症のリスクが高まる

 

包皮がペニスを覆っていると、どうしても不潔になります。
特に、真性包茎の場合は、内部に汚れや雑菌などが溜まることで、
性病にかかったり、感染症を引き起こす危険性が高くなります。
最悪のケースでは、陰茎ガンにかかる可能性もあります。

 

  • 女性に対して消極的になる

 

包茎であることによって、女性と付き合うことに
臆病になってしまう男性は多いようです。

 

包茎である自分を見られたくないという気持ちが強く、
性行為に至れないことがままあります。

実際、包茎を嫌う女性は多いようです。

 

  • 包茎は性行為で女性を満足させられない

 

包茎の大きなデメリットは性行為で女性を満足させられないことです。
もちろん、セックスは挿入行為がすべてではありません。
ていねいな前戯や行為中の囁きなど愛情を前面に押し出すことで
女性は十分に満足することもあります。

 

しかし、男性がある程度主導権を握って行うセックスの場合、
やはり問題があります。

 

最大の難点は「包茎は早漏であることが多い」ことです。

包茎の場合、亀頭部分が包皮に覆われているため、
刺激に弱く、射精をうまくコントロールできないのです。

 

極端なケースでは、膣に挿入してすぐに射精してしまう人もいます。
こうなると、女性は快楽を得ることができず、とても満足できません。

 

また、包茎の場合は亀頭部分の成長が妨げられがちです。
先端部分が先細りになっていることが多いため、
女性に刺激を与えづらいという欠点があるのです。

 

  • 包茎は子宮ガンを引き起こす原因になる

 

包茎は相手の女性にとっても危険がいっぱいです。
性交渉で雑菌が膣内に入り、感染症にかかることもあるのです。

 

さらに、驚くべきなのは、
女性が包茎の男性と性交渉を行うと、
子宮ガンにかかるリスクが高まることです。

 

他にも、包茎の場合、避妊に失敗しやすかったり、
逆に、不妊の原因になることもあります。

 

詳しくは「包茎と女性の病気」で紹介しています。

 

包茎は百害あって一利なし

 

いかがでしょうか?
ここまで読んできて、包茎がいかに悪影響を及ぼすかが
わかって頂けたと思います。

 

きつい言い方になるかもしれませんが、
「包茎は百害あって一利なし」です。

 

確かに、包茎だからと言って生死に関わることはありません。
しかし、包茎であることのメリットは皆無と言っていいでしょう。

 

はっきりと断言します。
包茎は絶対に治してください!

 

しかし、包茎を治すのに当たって、非常に重要なことがあります。

 

包茎手術を受けてはいけない!

 

はあ?どういうこと?
これを読んでるあなたはそう思うかもしれません。

 

しかし、声を大にして言います。

 

包茎は絶対に治すべきだが、手術はするな!

 

理由は包茎手術によるトラブルがあまりに多いからです。

ひどい場合は訴訟問題になっていることもあります。

 

では、包茎手術でのトラブルはどんなものが多いのでしょうか?

 

詳しくは「包茎手術は危険がいっぱい」の章で取り上げていますが、
代表的なトラブルは大まかに以下の3つに分類されます。

 

①ペニスに傷跡が残った
②法外な治療費を請求された
③感度が著しく悪くなった

 

包茎手術はどんな名医が行っても傷跡が残ります。
そこで、どれくらい目立たないように手術するかが
腕の見せ所になるわけです。

 

ところが、下手な医者に当たると、取り返しがつかない結果になります。

 

傷跡は目立つわ、
高額の手術費がかかるわ、
感度は悪くなるわ、

 

上記の3つのトラブルすべてに見舞われる例もあります。

 

詳しくは→性器を台無しにされた!悪夢の包茎手術体験談

 

こうした悲惨な事態に陥らないために、
あなたがやるべきことはたったひとつです。

 

それは、手術しないで自力で包茎を治すことです。

 

当サイトでは、包茎手術を受けずに自分で包茎を治す方法を紹介しています。
もちろん、ここで紹介している方法は100%ではありません。

 
手術という最終手段を執らなければならない人もいるでしょう。

しかし、安易に包茎手術に走るのは絶対に止めましょう。

 
手術は最後の最後の選択肢だと考えてください。
まずは自力で包茎を治すことにチャレンジしてみてください。